ACジャパン主催第8回公共広告CM学生賞で奨励賞を受賞

2012ACこの度、ACジャパンが主催する第8回公共広告CM学生賞において、理工学部情報メディア学科3年生鈴木豊加さんが代表を務める4名のグループが奨励賞を受賞いたしました。
この公共広告CM学生賞は、日本の未来を担う若い世代が、広告制作を通して公共広告への理解を深め、また、社会に主体的に関わる「公」への意識を育むこと を目的として、社会へ向けた新しいメッセージを期待する賞です。今回は全国の大学より150作品がエントリーされ、多数の応募作品の中から、龍谷大学としては昨年度に引き続き2度目の受賞となります。

【受賞者】
学生代表:鈴木 豊加(理工学部情報メディア学科3回生)
企画+編集者:頭師 佳那江(理工学部情報メディア学科3回生)
カメラマン:矢部 大介(社会学部コミュニティマネジメント学科4回生)
ナレーション+出演者+:桑野 未緒(社会学部コミュニティマネジメント学科3回生)

※奨励賞受賞「どっちもサバだよ」
この作品は、東日本大震災後、東北産と言っただけで商品(食品)が売れないという風評被害を何とか無くしたいと学生達が考え、その想いを映像を通して視聴者に訴えかけ、気づいて貰うことを表現した映像です。

 

関連記事

  1. 日本知能情報ファジィ学会より貢献賞を受賞

    三好教授が日本知能情報ファジィ学会より貢献賞を受賞しました

  2. 毎日放送の取材を受けました

  3. 「理工学部研究室公開」映像完成

  4. びわ湖放送で放送された映像作品を公開しました

  5. 卒業研究発表会開催中

  6. 野村研究室の学生がHuman-Agent Interacti…

PAGE TOP